歯医者

ガミースマイルの原因と矯正|審美歯科と一般歯科の違い

歯周病の脅威

笑顔

歯周病というのは、知名度の高い口腔疾患の一つです。箕面市にお住まいの方の中でも、歯周病という病名を聞いたことがある人は数多くいるでしょう。しかし、その症状について細かく把握している人というのは、少ないかと思います。箕面市に住む多くの人は、歯周病について歯茎や歯を支える骨が溶け、歯が抜け落ちる病気だと考えている人が多いでしょう。実際、歯周病が重症化するとそういった症状が見られます。しかし、それは重症化した症状であり、軽度や中度段階における症状は異なるものとなるのです。箕面市の歯科医院では、重症化した歯周病の治療も行っていますが、その治療には時間が掛かります。そのため、初期症状や中度症状について知り、早い段階で歯科医院を受診できるようにしておく必要があるのです。
歯周病の初期症状では、歯茎が赤く腫れ微量の出血が見られます。この時、歯茎の赤い腫れは痛みの無いものとなっているのです。出血も微量のため、多くの人はその症状を放置します。しかし、その症状こそが歯周病の初期症状なのです。箕面市にお住まいの方の中で、そういった症状に心当たりのある方入れば、すぐに歯科医院を受診して検査を行ってもらう必要があるでしょう。症状が進むと、歯茎が下がり知覚過敏の症状がみられます。更に症状が悪化すると、歯周ポケットに膿が溜まり始めます。膿が溜まるのに伴い、口臭も発生するでしょう。その段階から、自覚できる症状が見られるようになるため、そういった症状が見られた際にもすぐに歯科医院を受診することが大切になります。