歯医者

ガミースマイルの原因と矯正|審美歯科と一般歯科の違い

治療を目的としない歯科

医者

歯科と一概にいっても、その中には補綴治療を専門にしている補綴歯科や歯列矯正を専門にしている矯正歯科、虫歯や歯周病等の口腔疾患の治療を行う一般歯科など、様々な分野の歯科が存在します。その多くは、基本的に口腔疾患及び口周りのトラブルの治療を行なうことを目的としているのです。しかし、数ある歯科の中には、治療を目的としない歯科が存在するのです。
治療を目的としていない歯科というのは審美歯科と呼ばれており、「歯を綺麗にすること」を目的としています。そのため、審美歯科で行われている治療というのは、審美歯科治療と呼ばれているのです。審美歯科で行われる治療というのは、歯列矯正やホワイトニング、オールセラミッククラウン、ガミースマイル矯正など多岐に渡ります。それらは全て、第一印象をより良いものにすることのできる治療となっており、歯や口周りに関係する様々なコンプレックスを解消できるものとなっているのです。また、審美歯科ではただ歯を綺麗にするだけではなく、口腔環境を最適な状態にして健康を保つことも重視しています。そのため、歯列矯正を行う際には噛み合わせを意識し、治療後にトラブルが発生しないよう最善の注意を払っているのです。審美歯科で受けられる治療というのは、審美性に優れ機能的にも問題のないものとなっていますが、その多くは保険が適用されません。そのため、治療費は全額自費で支払うことになるでしょう。それが、審美歯科のデメリットになります。